急激な変化と乱気流の時代にあっては、大きな流れそのものを機会としなければならない。その大きな流れは、ニュー・エコノミーではなく、ネクスト・ソサイエティの到来である。若年人口の減少、労働力人口の多様化、製造業の変身、企業とトップマネジメントの機能・構造・形態の変容である。この局面に応じた戦略なくして成功はありえない。         −P.F.ドラッカー(要約)

2005年07月22日

中心市街地活性化 関連情報

経済産業省中心市街地活性化室は、全国の現在の状況について、次のように書き出している。いくつか関連しそうな情報をここにまとめてみたい。

 中心市街地活性化法が施行されて7年あまりが経過し、平成17年5月末時点で、617市町村、666地区で中心市街地活性化基本計画が策定されている。同時点現在で日本全国の市町村の数は2376であることから、約4市町村に一つの割合で基本計画が策定され、中心市街地活性化に向けての取り組みが行われている。しかしながら、中心市街地の活性化が図られていると認められる市町村は少ない状況であり、この点は、昨年9月に出された総務省の行政勧告でも指摘されている。(続きは↓)
http://www.meti.go.jp/information/data/c50701dj.html

まちづくり三法の運用状況(中心市街地活性化室H16年9月)
http://www.meti.go.jp/committee/downloadfiles/g40906b06j.pdf

都市再生本部
都市再生施策の進捗状況等(H17全国都市再生モデル調査選定結果一覧)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tosisaisei/dai14/14siryou5-2.pdf
都市再生本部HP(レポートやプロジェクトの紹介)
http://www.kantei.go.jp/jp/toshi/
都市再生推進施策一覧
http://www.kantei.go.jp/jp/toshi/05suisin/index.html
全国都市再生最前線 全国10都市
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tosisaisei/osirase/tenkai/index.html

総務省 地域再生関連施策一覧
http://www.soumu.go.jp/c-gyousei/saisei.html

地域再生推進プログラム2005(補助金等の縦割り行政の是正、省庁横断的な成果主義的な政策への転換、複数年助成などの点で画期的な試み)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiikisaisei/dai6/6siryou.html
内閣府 市民活動等総合支援事業(上記と連動)
http://www.npo-homepage.go.jp/shiensougou/shien_gaiyou.html

構造改革特区・地域再生のページ
http://www.city.fukui.fukui.jp/siyakusy/tokku/index.html

経済産業省「地域経済研究会」(藻谷委員)
http://www.meti.go.jp/policy/local_economy/committee/index.html

経済財政諮問会議「生活産業創出研究会」(藻谷委員)
http://www.keizai-shimon.go.jp/special/life_industry.html
経済財政諮問会議「生活・地域ワーキンググループ」(藻谷委員)
http://www.keizai-shimon.go.jp/special/vision/life/

経済産業省「集客交流サービス研究会」及び「集客交流サービス調査委員会」
http://www.meti.go.jp/press/20050124003/20050124003.html

経済産業省『地域自律・民間活用型キャリア教育プロジェクト』準備委員会
http://www.meti.go.jp/policy/economic_industrial/gather/eig0000016/index.html
http://www.meti.go.jp/committee/materials/g50301cj.html
posted by ComPus 地域経営支援ネットワーク at 14:18| Comment(1) | TrackBack(1) | 地域再生/観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中心市街地活性化事業の多くは、お湯が冷めていく風呂でバスクリンを入れるようなものだと思えます。「一定の成果が上がった」「機運が高まった」などと一瞬気持ちが高揚して事業主体は大本営発表的に成功を主張するかれども、良く考えたらやっぱり変らず店も人通りも減っていくという。
建前や売名を廃し、お客の立場でキッチリ成果をあげました。
http://fish.miracle.ne.jp/mail4dl/01-concept/consept.htm
Posted by Fineman at 2006年08月01日 11:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5274645

この記事へのトラックバック

中心市街地活性化法等の改正検討
Excerpt: おはようございます。スプラムの竹内幸次です。台風が上陸しそうですね。今日は横浜市の園芸会社のホームページ開設コンサルティングを予定していましたが急遽延期になりました。 今日の話題はまちづくりです。昨..
Weblog: 中小企業診断士 竹内幸次 ブログ
Tracked: 2005-07-26 06:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。