急激な変化と乱気流の時代にあっては、大きな流れそのものを機会としなければならない。その大きな流れは、ニュー・エコノミーではなく、ネクスト・ソサイエティの到来である。若年人口の減少、労働力人口の多様化、製造業の変身、企業とトップマネジメントの機能・構造・形態の変容である。この局面に応じた戦略なくして成功はありえない。         −P.F.ドラッカー(要約)

2005年07月14日

理事 村木美貴 活動いろいろ

プロフィール
http://www.compus.ne.jp/partners/02partners.html
千葉大学 村木美貴研究室のHPより
http://muraki-lab.tu.chiba-u.jp/japanese/aboutmuraki/mikimuraki.htm

研究・活動・講演は多数のため掲載しきれませんので、ここでは研究室HP以外の情報のみまとめます。

1999 地方都市における土地利用規制と中心市街地活性化に関する研究
http://www.lij.jp/html/sien/record/11_muraki.pdf
2002年度 サスティナビリティを考慮した大規模土地利用転換の計画方法に関する研究−日英の都市再生計画に着目して−((財)土地総合研究所HPより)
http://www.lij.jp/cgi-bin/sdoc.cgi?page=sien/list14
2004Feb.12 クリエイティブ・シティYOKOHAMAシンポジウム
http://www.city.yokohama.jp/me/keiei/seisaku/bunkageijutu/sympo/kekka.html
2004Oct.16/23/30 千葉大学公開連続セミナー
テーマ「まちと暮らしの安全・安心」
http://www.tu.chiba-u.ac.jp/02information/02event/H16pamphlet.pdf
2005Mar. 豊島区中心市街地活性化基本計画(策定委員会長)
http://www.city.toshima.tokyo.jp/seisaku/plan/2004/sigaichi-keikaku.pdf
(↑ちなみに策定印会長代理は藻谷理事です。)
2005May27 中心市街地活性化についてのシンポジウムin万博(コーディネータ)
http://www.expo2005.or.jp/jp/E0/E1/head/0527_003.html


日本都市計画学会の検索画面では「村木」で検索すると、たくさんの論文リストが出てきます。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/cgi-bin/cpij/csv_db.cgi
posted by ComPus 地域経営支援ネットワーク at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ComPusのキャパシティ・ビルディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。