急激な変化と乱気流の時代にあっては、大きな流れそのものを機会としなければならない。その大きな流れは、ニュー・エコノミーではなく、ネクスト・ソサイエティの到来である。若年人口の減少、労働力人口の多様化、製造業の変身、企業とトップマネジメントの機能・構造・形態の変容である。この局面に応じた戦略なくして成功はありえない。         −P.F.ドラッカー(要約)

2006年07月22日

英国政府報告書(1)「地方自治体の未来:10年後のビジョン」

「地方自治体の未来:10年後のビジョン」
「持続可能なコミュニティ:住民と地域の繁栄のために 副首相府による
5ヵ年計画」

(財)自治体国際化協会

目 次
はじめに
「地方自治体の未来:10年後のビジョンを策定」
まえがき
  第1章:将来へのビジョン
  第2章:活力ある地域リーダーシップ
  第3章:市民関与と市民参加
  第4章:サービスの提供と業績管理の枠組み
  第5章:中央政府、広域圏政府、地方自治体との新たな関係構築
  第6章:次なる段階「持続可能なコミュニティ:住民と地域の繁栄の
      ために 副首相府による5カ年計画」
  副首相によるまえがき
  われわれのビジョン−持続可能なコミュニティ
  第1章:要約
  第2章:成功と挑戦
  第3章:近隣社会とコミュニティへの関与
  第4章:地域リーダーシップ
  第5章:不利な条件の撲滅
  第6章:繁栄する広域圏
  第7章:全国民に向けた仕事をする副首相府
  付録1:持続可能なコミュニティの定義と構成要素
  付録2:副首相府の2005年から2008年における戦略的
      優先政策と公共サービス合意
  付録3:用語集

→本文
posted by ComPus 地域経営支援ネットワーク at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査/報告書/白書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。