急激な変化と乱気流の時代にあっては、大きな流れそのものを機会としなければならない。その大きな流れは、ニュー・エコノミーではなく、ネクスト・ソサイエティの到来である。若年人口の減少、労働力人口の多様化、製造業の変身、企業とトップマネジメントの機能・構造・形態の変容である。この局面に応じた戦略なくして成功はありえない。         −P.F.ドラッカー(要約)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21049776

この記事へのトラックバック

ガバナンス 2007年 07月号 [雑誌]
Excerpt: ガバナンス 2007年 07月号 [雑誌]・歳出拡大?・嘘をつく・厳罰化が地方財政危機を支える・夕張破綻と再生―財政危機から地域を再建するために・保護 基準・カエルは異物を飲み込むと胃袋ごと吐き出す・..
Weblog: なつみのブログ
Tracked: 2007-09-29 05:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。