急激な変化と乱気流の時代にあっては、大きな流れそのものを機会としなければならない。その大きな流れは、ニュー・エコノミーではなく、ネクスト・ソサイエティの到来である。若年人口の減少、労働力人口の多様化、製造業の変身、企業とトップマネジメントの機能・構造・形態の変容である。この局面に応じた戦略なくして成功はありえない。         −P.F.ドラッカー(要約)

2006年07月18日

平成18年度環境コミュニティ・ビジネスモデル事業の公募結果について

経済産業省

概要:
経済産業省では、平成18年度「環境コミュニティ・ビジネスモデル事業
(企業・市民等連携環境配慮活動活性化モデル事業)」の公募を実施した
結果、全国69件の応募の中から14件の採択を決定しましたので、お知
らせいたします。

担当:
産業技術環境局 環境政策課 環境調和産業推進室

公表日:平成18年7月14日(金)

発表資料名:
平成18年度「環境コミュニティ・ビジネスモデル事業」の公募結果
(PDF形式:44KB)
http://www.meti.go.jp/press/20060714004/press-release.pdf

参考)
環境コミュニティ・ビジネスモデル事業(企業・市民等連携環境配慮活動
活性化モデル事業)
地球環境問題に対応した持続可能な社会の構築は喫緊の課題になっている
中で、事業者のみならず市民、行政等のあらゆる主体が相互に連携・協働
してことが不可欠になっています。
しかしながら、このような企業、市民等の連携した環境配慮活動は、自立
的に進展する状況にはなく、また連携のチャンスやルートも限られている
のが現状です。
経済産業省では、地域における事業者、NPO、市民等が連携した環境に
配慮したまちづくりに資する「環境コミュニティ・ビジネス」を発掘し、
その展開を支援することを通じて、持続的かつ効率的な環境負荷の低減を
図ることを目的として本事業を行います。
posted by ComPus 地域経営支援ネットワーク at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 省庁事業募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。