急激な変化と乱気流の時代にあっては、大きな流れそのものを機会としなければならない。その大きな流れは、ニュー・エコノミーではなく、ネクスト・ソサイエティの到来である。若年人口の減少、労働力人口の多様化、製造業の変身、企業とトップマネジメントの機能・構造・形態の変容である。この局面に応じた戦略なくして成功はありえない。         −P.F.ドラッカー(要約)

2006年07月15日

「観光地域づくり実践プラン」に4地域を選定(平成18年度)

平成18年7月13日
国土交通省
<問い合わせ先>
総合政策局
 事業総括調整官室
(内線24544)
 観光地域振興課
(内線27258)
TEL:03-5253-8111(代表)

 国土交通省では、平成17年度より「国際競争力のある観光地づくり」
をさらに推進するための施策のひとつとして、「観光地域づくり実践プラ
ン」(以下、「実践プラン」という。)を実施しております。
 実践プランは、外国人観光客の増加や地域の経済活性化等を目的とした
観光を軸とした地域づくり(観光地域づくり)の特に立ち上げ段階におい
て、所管のハードやソフト事業・施策により、総合的、重点的に支援する
もので、今年度も2月6日から公募を行っておりました。

 今般、地域の観光振興に関する有識者等から構成された「観光ルネサン
ス事業検討会」(参考1)に諮ったうえで、下記の4地域(資料1,2)
を実践プランとして選定することとしましたのでお知らせします。

選定地域の協議会名 
駒ヶ根市もてなしのまちづくり協議会(長野県)
宝塚市集客交流推進協議会(兵庫県)
秘境・四国のへそ三好観光交流推進協議会(徳島県)
雲仙市観光協議会(長崎県)

観光地域づくり実践プランの概要 
 観光立国実現に向け、地域に住む人々がその地に住むことに誇りを持ち、
幸せを感じるとともに、外国人観光客にとっても魅力あふれる「一地域一
観光」の推進が求められています。
 そこで実践プランでは、地域特性を踏まえた観光戦略に基づき、多様な
地域資源を活用し、地域の幅広い関係者が一体となって進める観光地域づ
くりを、以下のように支援していきます。

(1)地域の自助努力による観光地域づくりを国土交通省が後押し
 地方公共団体やNPO、観光協会等幅広い関係者が協議会を設立し、ア
クションプログラムの策定や事業の実施を行う、自律的に進める観光地域
づくりを、国土交通省が後押しします。

(2)国土交通省は各関係主体の取組みを総合的に支援
 観光地域づくりの成功を後押しするため、国土交通省はインフラ整備等
のハード施策とディスティネーションキャンペーン展開等のソフト施策の
両面から、地域の進める必要な事業を総合的に支援します。

(3)NPO等民間事業者が実施する事業も支援対象
 実践プラン対象地域において、NPO等の民間事業者が進める観光戦略
の核となる魅力ある地域づくりの重要な取組み、交流活動等を支援します。
実践プラン選定地域の概要
選定地域位置図
観光ルネサンス事業検討会について
posted by ComPus 地域経営支援ネットワーク at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域再生/観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。