急激な変化と乱気流の時代にあっては、大きな流れそのものを機会としなければならない。その大きな流れは、ニュー・エコノミーではなく、ネクスト・ソサイエティの到来である。若年人口の減少、労働力人口の多様化、製造業の変身、企業とトップマネジメントの機能・構造・形態の変容である。この局面に応じた戦略なくして成功はありえない。         −P.F.ドラッカー(要約)

2006年07月28日

第1回ComPusフォーラムのご案内

                ComPus地域経営支援ネットワーク
                  フォーラム委員会

地域コミュニティの資源を評価・再評価することは、まちづくりやコミュ
ニティ・マネジメントの問題のみならず、われわれが“生活者”として共
有する社会的記憶やパブリック・ヒストリーの問題、さらには魅力ある“
場”の要件を考える上で、極めて重要です。本フォーラムでは、こうした
視点から、近年普及がめざましいカメラ付きケータイを活用した社会調査
のあり方と可能性について、東京葛飾柴又でのフィールド調査事例を中心
に語って頂きます。

■開催概要
【日 時】:7月28日(金)19:15〜21:00
【テーマ】:「寅さんの見た風景を採集する
      - カメラ付きケータイをもちいたフィールドワークの試み -」
      torap.gif

【講 師】:慶応義塾大学環境情報学部助教授 加藤文俊氏
【会 場】:千代田プラットフォームスクウェア 003(B1F)
     (千代田区神田錦町3-21)
【定 員】:30名(先着順)
【資料代】:一般2,000円 学生1,000円(ComPus会員は無料)
【主 催】:特定非営利活動法人 地域経営支援ネットワーク(ComPus)
      http://www.compus.ne.jp/
*フォーラム終了後、懇親会を予定しております。

■講師プロフィール
加藤 文俊氏
 慶應義塾大学環境情報学部助教授兼政策・メディア研究科委員
 1962年生まれ 慶應義塾大学経済学部(1985)、 慶應義塾大学大学院 
 経済学研究科修士課程終了(1988)、ペンシルヴァニア大学・アンネン
 バーグコミュニケーション研究所 M.A.プログラム(1991)、ラトガー
 ス大学大学院・コミュニケーション研究科 Ph.D.課程(1993)
 修士(経済学);M.A.(コミュニケーション論);Ph.D.(コミュニケー
 ション論)

・専攻/専門分野
 コミュニケーション論、メディア論、定性的調査法
・所属学会/団体  
 日本マス・コミュニケーション学会; 計画行政学会; プロジェクトマネ
 ジメント学会; 日本シミュレーション&ゲーミング学会(JASAG) 副会長・
 学術委員長; International Communication Association(ICA)

・連絡先
〒252-8520 神奈川県藤沢市遠藤 5322 
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスι407(内線 53247)
・メールアドレス:fk@sfc.keio.ac.jp
・プロジェクトURL:http://www.fklab.net/

■参加申込:事前申し込み制です
下記応募フォームに必要事項をご記入の上、メールまたはFAXにてお申し
込み下さい。
▼メール:compus_forum@compus.ne.jp  ▼FAX:03-5259-8289
■お問合せ:特定非営利活動法人 地域経営支援ネットワーク(ComPus)
      事務局
      TEL/FAX:03-5259-8289

-----------お申し込みフォーム-------------------------------------

 参加イベント:第1回 ComPusフォーラム
 ご氏名:
 所 属:
 ご住所:
 ご連絡先(電話):
 e-mailアドレス:
 参加人数(複数名で参加お申込みの場合):

*ご記入頂いた個人情報は、本フォーラム以外には使用致しません。

--------------------------------------お申し込みフォーム----------

【会 場】:千代田プラットフォームスクウェア 003(B1F)
      千代田区神田錦町3-21
<地下鉄>
 竹橋駅下車徒歩5分(東西線・3b・KKRホテル東京玄関前出口)
 神保町駅下車徒歩10分(三田線・新宿線・半蔵門線A8出口)

 神田駅下車徒歩15分(西口出口・出世不動通り)
posted by ComPus 地域経営支援ネットワーク at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ComPusフォーラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。