急激な変化と乱気流の時代にあっては、大きな流れそのものを機会としなければならない。その大きな流れは、ニュー・エコノミーではなく、ネクスト・ソサイエティの到来である。若年人口の減少、労働力人口の多様化、製造業の変身、企業とトップマネジメントの機能・構造・形態の変容である。この局面に応じた戦略なくして成功はありえない。         −P.F.ドラッカー(要約)

2005年06月26日

人口減少時代の”賢い縮小(Smart Decline)”

青森市.gif 青森市2.gif

以前たまたまつけていたNHKの週刊こどもニュースでは、人口減少時代に向けた地域の取り組みとして、青森市が紹介されていました。

人口の減少を成り行きに任せておくと、今の街の状態で歯抜けのように空き家が続出することになりかねません。
特に青森のように積雪の多い地域では、除雪作業に伴う費用を自治体が負担しており、人口と財政が同時に縮小するため、計画的に居住範囲を縮小しないと、行政サービス自体が提供できなくなってしまうという問題が発生します。福祉や防災でも同じことが言えますね。

アメリカでは"Smart Growth"という言葉が流行りましたが、日本では"Smart Decline"すなわち「賢い縮小」こそが必要なのではないか(藻谷談)というわけです。

将来を見据えてこのような課題に取り組みなければ、歯抜け状の街が全国規模で数多く出現し、有事が起こって初めて、身動きが取れないことが露見します。しかし、何かが遭ってからでは手遅れです。
青森市にご興味のある方はこちら↓をご覧下さい。

青森市の都市計画
http://www.city.aomori.aomori.jp/toshi/midori_hana/plan/green010.html
posted by ComPus 地域経営支援ネットワーク at 17:44| Comment(1) | TrackBack(2) | 人口減少社会に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

人口減少時代における地域の取り組み

3月14〜17日NHK総合の朝のニュースにて、シリーズ「人口減少社会」が放映された。
現在日本各地にて、人口の減少に伴い税収が減少する地域が増えている。一方、三位一体の改革による地方交付税の問題により、自治体の財政は危機的状況に晒されている。
低下する地域の活力を立て直そうと、地域間による人口の奪い合いが激化しつつある。これを何とか立て直そうと、様々な取り組みが始まった。テーマの切り口は次のとおり。

 14日は自治体の取り組み。
 15日は自治体のスリム化。
 16日はNPOの取り組み。
 17日は企業と地域の取り組みだった。

残念ながら15日は見逃したが、それ以外はかろうじて録画した。そこで紹介された情報をここに掲載したい。

【14日:自治体】
○ 島根県(担当:地域振興部)と美郷町
県を挙げてのUターン戦略を進める。都市圏の島根県出身者(県人会など)に、奥さんが島根県出身だという“さだまさし”さんの歌「案山子」(♪元気でいるか、街には慣れたか…♪で始まる郷愁を誘う歌詞が特徴)のCDを添え、手当たり次第にダイレクトメールを出している。
また、同県の美郷町(旧邑智町)では、大阪市西区で同郷人を集めた会合を開き、沖野町長が直接挨拶していた。平成5年(1993)より定住対策事業をはじめ、ふるさと定住推進員を設置、「美郷町ふるさと定住だより」を発行している。
http://www2.pref.shimane.jp/kouhou/esque/52/menu06.html

○ 北海道伊達市
道内でも比較的温暖な地域に位置する伊達市のキャッチフレーズは、「北の湘南」。人口約36,000人のこの街は、平成12年(2000)に人口減少が止まり、その後約500人増えている。市は、定年退職者をターゲットに住宅地のバリアフリー化を徹底、病院などに行くための乗り合いタクシーなどを検討している。高齢化に対応するため、病院や診療所が4ヶ所増えているとのこと。同市が定年退職者の移住をターゲットにした訳は、その経済効果による。自治体の負担と地域への経済効果は次のとおり。

(北海道庁などの試算による)
 負担       経済効果
  医療費      家の購入
  介護費用など   生活費など 
  計3,700万円   計5,200万円

民間の調査によると、全国自治体の47%が既に対策を採っている、もしくはこれから対策を検討するとのこと。

【16日:NPO】
○ 荒川区のコレクティブハウス「かんかん森」
厚生労働省国立社会保障・人口問題研究所によると世帯人数は次のとおり。

 平成15年(2003) 2.76人/世帯
 平成37年(2025) 2.37人/世帯
  
世帯の減少が進む中、血の繋がらない他人同士が、共有スペース、共有ルールを介しながら、顔の見える助け合いをする暮らし方「コレクティブハウジング」(北欧で広く普及)を実践している。どこにでもあるような普通のマンションを2フロアだけ特別に基本設計し、細部の改善やコミュニティのルールづくりは住民の自主性に任せていく方式を採用。
コミュニティ全体で子育て、コミュニティ全体で介護など、その昔日本に当たり前のようにあったこの暮らし方が、今は珍しい貴重なものとして注目されている。隣近所の住人がわからない、つながりの希薄さから起こる不安など、それだけコミュニティが崩壊しているということだろう。

NPOコレクティブハウジング社
http://www.chc.or.jp/collective/whats.html
コレクティブハウスかんかん森(『協う』2004年8月号 人モノ地域)
http://ha1.seikyou.ne.jp/home/kki/kanau/kanau84/8451region.html
地域と育てるコミュニティの庭
http://www.judanren.or.jp/jyosei/houkoku16/h15-021.pdf

【17日:企業と地域】
○ 金融
のと共栄信用金庫「子宝1000」は、子供の多い家庭の預金に対し、利息の優遇を行い、預金件数と預金額の増額に大きな成果を出している。
http://www.hokuriku.chunichi.co.jp/00/eco/20050507/lcl_____eco_____002.shtml

○ 住宅メーカー
北陸ミサワホームは、子供を3人以上持つ家庭を対象に、新築orリフォームの際、3%を値引きすることをセールスポイントにしている。
http://www.city.kanazawa.ishikawa.jp/kigyou-g/k-guide/corp/corp60.html

○ 石川県庁と地域企業
子供を3人以上持つ家庭にプレミアムパスポートを発行。提携企業ではパスポート所持家族に様々な特典を付けて優遇するなどし、企業の経営戦略の一つとして選択する会社が増えている。
http://www.hokkoku.co.jp/_keizai/K20050619001.htm
posted by ComPus 地域経営支援ネットワーク at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 人口減少社会に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

理事長 後藤太一氏 講演記録いろいろ

プロフィール
http://www.compus.ne.jp/partners/01partners.html
http://www.geocities.com/taichigoto/resume.html

1997Sep.  「地域総合計画作成への住民参加」オレゴン州ポートランドメトロ地域
http://www.geocities.com/Tokyo/Ginza/5416/citizen/opnhse/opnhse1.html
      ポートランド・メトロ「地域2040」スライドショー
http://www.geocities.com/Tokyo/Ginza/5416/portland/iseminar/ppt/index.htm

2000    「宮城地区まちづくり勉強会」
http://www.surf-net.gr.jp/news/pdf/surf55.pdf
http://www20.tok2.com/home/marf/index.htm

2003Feb.08 「仙台市市民フォーラム」
http://www.city.sendai.jp/kikaku/tyousei/matishigen/forum_030208/index.html

2003Oct.26 「米国ポートランドの地域経営と交通政策」(札幌弁護士会基調講演)
http://www.satsuben.or.jp/sogo/04news/ne008125.html

2003Dec.06 「米国オレゴン州ポートランドの地域経営〜都市圏自治の現状と歴史」(北海道のまちづくりの方向性)
http://www.hkd.mlit.go.jp/zigyoka/z_jigyou/toshi/machi/rinen/01/b.html

2005Mar.17 「天神のまちづくり連続フォーラム第2回」潟Rアラさん提供
http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl?fid=02&kid=110010&sno=1907

2005May.20 (社)枚方青年会議所5月例会での講演
http://www.hirakata-jc.jp/jigyo/050520_reikai.html
posted by ComPus 地域経営支援ネットワーク at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ComPusのキャパシティ・ビルディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

大隅半島と鹿児島市の中心市街

職場の仕事で鹿児島県の鹿屋市(大隅半島)、薩摩湾を挟んで反対側の鹿児島市(薩摩半島)へ行ってきた。訪問地で見聞きしたことをここにレポートする。

1)大隅半島
 薩摩湾の東側に位置する大隅半島は、JRが廃線になった後はまさに陸の孤島。裏を返せば開発が遅れた分、自然が豊富で、農業は県内随一。中には蛤の陸上養殖をするなど、決して技術が遅れているわけではない。
 驚くことに、この交通不便な土地(鹿屋市は薩摩湾北方の鹿児島空港からタクシーで一時間以上)にも関わらず、海外留学、国際結婚が珍しくない。理由はグリーンツーリズムの先駆け的活動であり、なおかつ国境を越えた交流である『からいも交流』にある。これは、かつて中国からさつまいも(からいも)が日本に入り全国へと広がる薩摩の財産となったように、鹿児島に来る留学生を第二のからいもとして位置づけ、農村ホームステイによる交流を通じながら、留学生との絆を地域の財産としたことに端を発する。1982年に始まったこの活動は2000年には70ヶ国3,000人以上の留学生を受入れ、今もなお草の根の国際交流として続く。

↓からいも交流の主催者(財)カラモジア
http://www5.synapse.ne.jp/karamosia/toha.htm

 今でこそ長野や岩手など、グリーンツーリズムがもてはやされているが、グリーンツーリズムという概念がない頃から、しかも留学生とはいえ言葉が通じない外国人を泊めるというのは、大変な発想の転換が必要だった。このような転換が可能となったのは、この土地では過疎化、高齢化、農業を基盤とした生活に対する危機が既に起こっていたことが大きな理由と言えるだろう。そしてこれを無事に受入れた地域の人々は、外国人といううってつけの鏡を通すことで、大きな自信を取り戻し、外に向かって開かれたネットワークを構築することに。今では対象とする留学生も、全国の大学からやってくるそうだ。
 また、大隅半島の南部に位置する根占町では、4桁もの人がくるドラゴンボート祭り、ど田舎の未来を考えるという異業種交流会「ねじめサミット」(毎年2月開催)があるなど、まちづくりの活動が活発な印象を受けた。「ねじめサミット」には東京からの来訪を含め550名もの人が集まるそうで、根占で知り合った東京の参加者が「ねじめ東京サミット」を立ち上げ、こちらは毎年5月にあるとか。コンパスとの共同開催も面白いと商工会会長の肥後さんと話が盛り上がった。九州最南端の高校「南大隅高校再生プロジェクト」の話なども持ち上がっており、今後が楽しみな地域である。

↓第五回ねじめサミットの様子
http://www.synapse.ne.jp/nejimecho/depart/kikaku/kikaku.index.html


2)鹿児島市の商店街とウォーターフロント
CIMG0054.JPG CIMG0055.JPG CIMG0050.JPG

 目抜き通りである天文館を歩いたが、平日の昼間だというのに人通りが多い。そして商店街を覆うアーケードが非常に広い範囲にわたっていると感じた。中には最近できたばかりのアーケードもあるようだ。最新のものは日の明るさをできるだけ内部に取り入れられるようになっているようで、他のアーケード街よりも明るい印象(写真参照)。また、商店街にはベンチなどがところどころに配置されており、歩き疲れた買い物客には嬉しい配慮である。

↓天文館商店街
http://www.or.tenmonkan.com/
↓天文館どっとこむ
http://www.tenmonkan.com/newindex/

 天文館に入ってすぐ、魅力的なお店を見つけた。店の名は「菓々子横丁」(薩摩蒸気屋が経営)。店の中を狭い路地のように一本の通路が横切っており、向こう側の通りまで通り抜けできる。路地にはベンチ、真ん中あたりに吹き抜けと噴水があり、吹き抜けを境に手前と奥とでまた趣が違う。2階はお洒落な和風喫茶とギャラリー。喫茶では、お店のお菓子がいただける。このほか脇道にもお洒落で個性的な店が軒を並べ、魅力を感じた。また商店街の外の繁華街も、地元の人が言っていたが、東京の赤坂と遜色ないぐらい賑やかである。

CIMG0070.JPG CIMG0071.JPG
↓菓々子横丁
http://www.tenmonkan.com/shopdb/shopdb.php?shopid=892

 市電の天文館停留所から東へ向かうと4月にオープンしたたばかりというウォーターフロントのショッピングモール「ドルフィン・ポート」(2階建)がある。飲食店と土産物屋がほとんどだが、海側の木でできたデッキから優美な姿の桜島見えて気持ちがいい。2階はほとんどオープンテラスである。嬉しいのは、全国的なチェーン店が入っているものの、山形屋の食品店、鹿児島の焼酎をずらりと並べた店舗(薩摩酒蔵)など、店の半数近くが地元の店舗であるということ。開発をした企業を見て納得。山形屋(地元の百貨店)を中心とした企業連合が開発している。店のほとんどが全国チェーンで埋まらなかったのは、県外から来る観光客にとっても魅力がある。バリアフリーが配慮されているところも嬉しい。訪問した時間帯のせいかそれほど賑わった感じはしなかったが、近隣にこのような施設がないため競争力はある。居心地の良さや新鮮味を保ち、多様な世代をターゲットとすれば、地元の人から愛される場所として定着するのではないだろうか。

CIMG0067.JPG CIMG0066.JPG
ドルフィン・ポート
http://www.dolphinport.jp/
posted by ComPus 地域経営支援ネットワーク at 07:00| Comment(0) | TrackBack(3) | 地域レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。